信用取引は少ない資金で大きな利益を追求できる!

低資金で不利にならない

株式投資を行う中で資金が少ない事はデメリットになります。資金が少なければ大きな金額を使って投資するべき銘柄に充分な投資ができなかったり、同じ時期に複数の銘柄に投資したいと思っても資金が不足しているとそれができません。また資金に余裕がないと現金が急遽必要になった時に上手く運用できている株式を仕方なく決済して現金を用意しなくてはなりません。そうなると引き続き投資を続ければ得られるはずだった利益を失う事になるので、大きな損になります。しかし信用取引を利用して証拠金以上の金額を取引すれば資金が少ない事で投資の機会を諦めたり、得られるはずの利益を取り逃す事がなくなるので、投資家にとって大きなメリットがあります。

リスクマネジメントは大切

信用取引は上手く使えば資金が少ない投資家でも資金が豊富にある投資家と同じように投資を行えます。しかし信用取引を使うという事は証拠金以上の金額を証券会社に一時的に借りて取引するので、証拠金以上の損失が出て追証を支払う必要が出る事もあります。基本的に多くの証券会社が追証が発生しないように証拠金と損失が同じ額になったところで強制的に決済を行う強制ロスカットのシステムを採用しています。強制ロスカットのシステムがあれば基本的には追証が出る前に決済されますが、急激な暴落などが起きて売り注文が間に合わずに追証が発生してしまう事もあります。そのため強制ロスカットがあっても過信せずにしっかりリスク管理する事が大切です。