株取引には現物取引以外に「信用取引」があることをご存じですか?

株取引は信用取引を利用することで活用方法が変わる

株取引には現金を投入して株を買うことができる現物取引の他に、お金を借りて株を買う信用取引があります。一般的に資金を株に投入するために、ある程度の資金がないと株を始められないと考えられています。ですが、株取引をするのにある程度の資金を担保として、お金を借りることはできるのです。資金を担保にお金を借りることができれば、手持ちの資金以上の投資をすることができます。利益が上がれば、借りた分も利益となります。少ない資金で大きな利益を上げる時には、この信用取引は重要な要素です。手持ち資金が少ないからと落ち込む前に、この信用取引を学ぶことをしましょう。信用取引について学べば、投資の方法が変わります。また、利益の上がるスピードも大きく変わってきます。

株を借りる信用取引がある

株取引の信用取引には、株を借りる信用取引もあります。金を借りるだけでなく、株も借りられるのです。この株を借りる方法で株取引をすると下降しているトレンドの時にも儲けを出すことができます。一般的に株取引をするときには、買った株が高くなったら売るという取引をします。これは株価が上昇しているときには有効な手段です。逆に株価が下降しているときにはこの取引で儲けを出せません。そこで株を借りて、取引するということになります。株を借りて売って、値段が下がったら低い値段で買い戻します。この取引なら、下がった分が儲けとなるのです。下降トレンドの場合は一気に下がることが多いので、儲けが大きくなる可能性があります。信用取引を知っていれば、株価が下がっているときにも儲けを出すことができます。